バンクーバー北米第1位・世界第5位(2014年世界生活環境調査)

この度Mercerマーサー社発表の「2014年世界生活環境調査‐都市ランキング」によりますとバンクーバーは世界第5位、北米第1位となりました。

vancouver

<下記日本語サイトより転写>
マーサーは「2014年世界生活環境調査‐都市ランキング」を発表した。
調査結果によると、ヨーロッパの都市が世界生活環境ランキング上位を占める中で、ウィーンが前年と同じく、世界で最も生活環境水準が高い都市となった。チューリッヒが2位、オークランドが3位と続き、4位にミュンヘン、5位に北米で最も生活環境水準が高いバンクーバーという結果となった。この5都市の順位は2011年以来変わっていない。

世界的に生活環境が低いと位置づけられたのは、イエメンのサヌア(219位)、チャドのンジャメナ(220位)、ハイチのポルトープランス(221位)、中央アフリカ共和国のバンギ(222位)と、前回に引き続き最下位のイラクのバグダッド(223位)だった。

アジアではシンガポール(25位)のみがトップ30位に入り、アジアの2~5位は日本の4都市が占めた:東京(43位)、神戸(47位)、横浜(49位)、大阪(57位)。

マーサーは、多国籍企業やその他の組織が駐在員を海外に出向させる際の報酬を公平に決定する基準となる「世界生活環境調査」を毎年実施している。一般的なインセンティブとして、ハードシップ手当と海外勤務手当(モビリティープレミアム)がある。ハードシップ手当は、派遣元と派遣先の生活環境差に対する補償として支払われる。一方、海外勤務手当(モビリティープレミアム)は、本国を離れて海外で勤務することに対する奨励として支払われる。この調査に基づいて発行されるマーサーの世界生活環境レポートは、世界460都市以上のハードシップ手当に関する有益な情報を提供している。

マーサーのシニア・リサーチャーであるスラジン・パラカティル氏は次のように述べている。「政情不安、高い犯罪率、大気汚染の悪化は、海外駐在員やその家族および現地住民の日常生活に悪影響を及ぼす要因となる。企業は現地の環境が海外駐在員の報酬パッケージに適切に反映されていることを確認するために、明確に現地の生活環境を把握する必要がある」

TOP 5 CITIES IN THE WORLD
1.Vienna, Austria
2.Zurich, Switzerland
3.Auckland, New Zealand
4.Munich, Germany
5.Vancouver, Canada

TOP 5 CITIES IN NORTH AMERICA
1.Vancouver, Canada(5th globally)
2.Ottawa, Canada (14th globally)
3.Toronto, Canada (15th globally)
4.Montreal, Canada (23th globally)
5.San Francisco, CA, USA (27th globally)

Vancouver tops in North America for quality of life: survey
マーサー「2014年世界生活環境調査‐都市ランキング」を発表

関連記事:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...